大阪市 水・環境ソリューション機構ホームページ ホーム go to vietnamese page go to english page トップページ

■第2回ベトナム水ビジネスミッション(11/1〜9)に参加しました。

 11月1日〜9日、大阪 水・環境ソリューション機構は、Team E-Kansai「水分科会」(近畿経済産業局・大阪商工会議所共同事務局)が主催した第2回ベトナム水ビジネスミッションに参加しました。
 まず、11月2日にホーチミン市で行われた技術プレゼンテーション会で、ミッション団に参加している関西の民間企業とともに、ベトナムの水関連の民間企業等に対してプレゼンテーションを行い、大阪市の水環境技術や工場排水規制などを紹介しました。
 3日には、食料食品協会(FFA)及びその加盟企業との意見交換会に参加し、その後、ティン・ギア社・第3ニョンチャック(NhonTrach)工業団地を視察しました。また、5日には、ハノイ市で、皮革・靴の業界団体及びその加盟企業等との意見交換会に参加しました。
 続く6〜8日は、ベトナム最大の水に関する見本市である、VietWater2012に参加し、主にベトナム企業・団体のブースを訪問し、情報収集、意見交換およびネットワークキングを行いました。また、JICA研修員を通じて築いてきたネットワークを活用し、ベトナム政府、自治体の担当者をジャパンパビリオンの日本企業に紹介し、技術紹介やネットワーキングできる機会を提供しました。7日には、日本の民間企業にも参加して頂き、チュクバック(Truc Bach)下水処理場の見学会も開催しました。
 ベトナムでは急速な経済発展に伴い、産業排水に対する規制強化が行われていますが、基準をクリアするための技術が不足しており、日本企業に対する期待は非常に大きなものがありました。また、規制する行政側の対応も統一がとれておらず、行政面でのフォローも必要であるものと思われました。
 また、VietWater2012では、コントラクターからサプライヤー、大学、協会など、現地で活動する企業・団体の方との意見交換や交流を通じて、ベトナムで使われている技術や製品、事業の状況を知ることができました。今後、得られた情報やネットワークを活用しながら、ベトナムでの案件形成を推進していきます。


技術プレゼンテーション会
技術プレゼンテーション会での
機構のプレゼンテーション(11/2ホーチミン市)
食品業界団体等との意見交換会
食品業界団体等との意見交換会
(11/3ホーチミン市)
第3ニョンチャック工業団地
第3ニョンチャック工業団地
排水処理施設の視察(11/3ドンナイ省)
靴・皮革業界団体等との意見交換会
靴・皮革業界団体等との意見交換会
(11/5 ハノイ市)
ベトナム政府職員を案内
VietWater2012で、日本企業ブースに
ベトナム政府職員を案内
(11/6〜8 ハノイ市)
チュクバック下水処理場の見学会
民間企業も参加して開催した
チュクバック下水処理場の見学会
(11/7 ハノイ市)